第 1 条 (総則)

(1) 本申込約款は、株式会社アスクリード(以下「乙」)が、株式会社エリアエージェント より運営を受託しているプラットフォーム「irori」を用いたアプリケーション利用サービス (以下「本サービス」)について、本サービスの利用を希望する申込者(以下「甲」)と乙と の間の諸条件を定めるもの(以下「本約款」という)です。
(2) 甲は、本サービスの利用を申し込むにあたり、本サービスの利用について、本約款及び 本約款に付随するものとして乙が適時定める規則等を遵守することを約します。
(3) 乙は、本約款を随時更新するものとし、変更に関する文書による通知が甲に到達した時 点又は乙がWEB上に公開した時点のいずれか早い時以降、更新後の本約款が適用される ものとします。


第 2 条 (契約の基調)

(1) 甲及び乙は、双方協力のうえ、甲の提供するサービスを利用する者(以下「顧客」と いう)の利便向上を図り、双方の営業推進を目的とします。
(2) 甲は、乙に対し、本サービスの申込書を乙の定める方法にて交付する方法で、本サー ビスの利用を申し込み、乙はこれを承諾します(以下「本契約」)。本契約は、甲の乙に対す る申し込みに対し、乙がこれを承諾した日(但し、甲に対する承諾通知は不要とします。) をもって、有効に成立し、効力を生じるものとします。
(3) 本サービスは、乙が、甲より提供を受けた情報に基づいて、開設された甲のアカウント ページ(以下「甲ページ」)の利用を甲に提供するものであり、如何なる意味でも、乙が甲 のアプリケーションを制作し、納品する業務を受託するものではなく、本契約が理由の如何 を問わず終了した場合には、甲は甲ページの使用はできなくなります。
(4) 甲は、本サービスが、甲に対する顧客の提供を保証するものではなく、また、甲の売 上増加や収入増加等を保証するものではないことを理解します。


第 3 条 (対価の支払い)

甲及び乙は、本契約の条件に従い、乙が甲に対して本サービスを提供し、甲がこれに対する 対価を乙に支払うことに合意します。


第 4 条 (甲の名称などの利用)

(1) 甲は、甲が本サービスを利用するために乙が必要と判断する、申込書「対象店舗」欄 記載の本サービスの対象となる甲の店舗に関する甲の情報・画像(甲のトレードマーク・商 標を含むがこれに限らない)等(以下併せて「甲情報」という)を、乙の求める形式・媒体 にて提供します。なお、甲は、一旦提供した甲情報に変更が生じた場合には直ちに乙に変更後の情報を再度提供するものとして、当該再提供がなされないことによる不利益の責任に ついては乙に求めません。

(2) 乙は、本サービスの実施、販促活動、宣伝活動または広報活動をするにあたり、必要 な限度において、甲情報を乙の事業活動において利用することが出来るものとします。

(3) 甲は、甲情報が第三者の権利を侵害していないこと及び甲情報を本サービスに利用す ることについて権利者の許諾を得ていることを保証し、仮に本サービスにおける甲情報の 利用について、第三者より何らかの請求があった場合には、甲の責任と負担で解決するもの とします。


第 5 条 (本サービス)

(1) 乙は、本契約後、前条に従い提供を受けた甲情報に基づいて、本サービスに用いる甲 ページを、速やかに準備し、これを開示します。

(2) 甲は、乙より前項に基づき開示を受けてから5営業日以内に、甲ページの内容を確認 し、修正等を要する場合には電話又はメールにて、当該期間内に乙に連絡します。なお、当 該期間内に修正等の連絡が乙に送達されない場合には、甲は乙より開示を受けた内容にて 了承したものとみなされます。

(3) 乙は、前項に基づき了承された、本サービスに用いる甲ページの利用サービスを、本 契約に基づき甲に提供します。


第 6 条 (知的財産権等の帰属)

本サービスの遂行過程及び甲ページの作成過程において乙が制作したドキュメント(甲ペ ージそのものを含みますがこれに限りません。以下同じ。)、プログラム、モジュール及びノ ウハウ等の所有権、著作権、特許等の工業所有権又はこれらを受ける権利は、全て乙に本サ ービスの運営を委託している株式会社エリアエージェントのみに帰属します。


第 7 条 (利用料金)

(1) 本サービスの利用にかかる、甲が乙に支払う月額料金および初期導入費用(以下「利 用料金」)は、申込書「対象店舗」欄記載の各店舗について、それぞれ選択した本サービス の利用料を合計した金額をもって定めるものとします。

(2) 利用料金は、甲が乙に対して本サービスの申し込みを行った時点で発生するものとします。

(3) 1 ヶ月に満たない初月の月額料金は、1 ヶ月を 30 日として日割り計算した額とします。


第 8 条 (支払い期日及び方法)

甲は、第7条の利用料金について、初期導入費用は申し込みを行った月の翌月10日(当該日が金融機関休業日の場合には翌営業日)までに下記口座に振込にて支払い、月額料金は当月分を前月末迄に、下記口座に口座振替にて支払うものとします。当該振込手数料および振替に要する費用は甲の負担とします。

銀行名・支店名:みずほ銀行 虎ノ門支店
口座種類・番号:4260331
口座 名 義 人:株式会社アスクリード


第 9 条(サービスプラン変更)

甲は、本サービスのプランを変更する場合、別途乙の定める変更申請手続を行うものとしま す。但し、変更の効力は、当該変更申請が毎月 10 日までに行われた分について、その翌月 から効力が発生するものとします。なお、無料プランから有料プランへの変更以外のサービスプラン変更には別途乙が定める変更手数料が発生します。


第 10 条 (免責等)

(1) 乙は、サーバ及び通信機器等の本サービスの用いている機器の不具合、天変地異、通信障害等の乙の責に帰すべからざる事由によって生じた、本サービスの提供の不具合、およ び、Apple Inc.または Google Inc.の規約変更(ガイドラインの変更を含む)や甲が本サービスの利用において発信するコンテンツの内容が原因で甲の本サービスの利用が不能となったことに関連して、甲及び第三者(顧客を含みますがこれに限りません)に生じた損害については、一切責任を負わず、また利用料の返還を行わないものとします。

(2) 甲は、本サービスの利用に際して、下記の行為を行ってはならないものとします。甲がこれらの禁止行為を行った、又は行うおそれがあると乙が判断した場合、甲に通知することなく、乙は該当する内容のデータ又は行為(以下「データ等」)の削除・除去、利用制限・停止または即時解約をすることができるものとします。ただし、乙は、データ等の削除・除去や利用制限・停止をする義務を負うものではなく、かつ、乙は、自ら実施したデータ等の削除・除去や利用制限・停止等の処分について、甲に何らの説明の義務を負わないものとします。なお、乙は、本条に基づき行った措置又は行わなかったことによって甲および第三者に生じた損害について一切の責任を負いません。


第 11 条 (苦情処理)

甲は、顧客からの異議・苦情に対しては、責任をもって解決にあたるものとします。但し、乙に起因する場合は甲・乙協議のうえで解決にあたるものとします。


第 12 条 (通知義務)

甲は、次の各号のいずれかに一つ該当するときは、乙に対し、あらかじめその旨を書面によ り通知しなければならないものとします。
① 名称又は商号の変更
② 代表者の変更
③ 本店、主たる事業所の所在地又は住所の変更
④ 主要株主の変更


第 13 条 (再委託等の禁止)

甲は、本契約上の権利義務の全部又は一部を第三者に再委託、譲渡、担保設定その他処分をすることはできません。


第 14 条 (守秘義務)

(1) 甲及び乙は、本契約期間中はもとより終了後も、本契約に基づき相手方から開示された情報を守秘し、本契約に定めるほかに使用してはならず、第三者に開示してはなりません。

(2) 前項の守秘義務は以下のいずれかに該当する場合には適用しません。


第 15 条 (契約期間)

(1) 本契約の有効期間は契約締結日から1年間とし、期間満了の1ヶ月前までに甲乙いずれからも書面による更新拒絶の通知がなされないときには、本契約は期間満了の翌日から起算して、同一内容にて更に1年間延長されるものとし、それ以降も同様とします。

(2) 前項の定めに関わらず、株式会社エリアエージェントと乙との間の運営委託契約が理由の如何を問わず終了した場合、相互に何らの賠償の責を負うことなく、本契約も当然に終了する。なお、本契約の終了により甲及び乙は、本契約に関する一切の権利を失うものとする。


第 16 条 (中途終了の違約金)

甲は、乙の責に基づく場合を除くほか、理由の如何を問わず、契約期間内に本契約が終了した場合、本契約の残存月分の利用料金の合計額を、違約金として契約終了日までに支払うものとします。


第 17 条 (損害賠償責任)

甲又は乙は、解除、解約又は本契約に違反することにより、相手方に損害を与えたときは、その損害の全て (弁護士費用及びその他の実費を含む) を賠償しなければなりません。


第 18 条 (遅延損害金)

甲が本契約に基づく金銭債務の支払を遅滞したときは、支払期日の翌日から支払済みに至 るまで、年 14.6% (年 365 日割計算) の割合による遅延損害金を支払うものとします。


第 19 条 (解除及び期限の利益喪失)

(1) 甲又は乙が以下の各号のいずれかに該当したときは、相手方は何ら催告を要せずに、本契約の全部又は一部を解除することができます。但し、損害賠償の請求を妨げません。

(2)甲が前項各号のいずれかに該当した場合、甲は当然に本契約及びその他乙との間で締結した契約から生じる一切の債務について期限の利益を失い、甲は乙に対して、その時点において甲が負担する一切の債務(第16条の違約金を含みますがこれに限りません。)を直ちに一括して弁済しなければなりません。


第 20 条 (反社会的勢力の排除)

(1) 甲又は乙は、相手方が次の各号に該当する場合、何らの催告なしに本契約を解除する ことができます。

(2) 甲又は乙は、前項により本契約を解除した場合には、本契約に関する一切の権利を失うものとします。但し、相手方に損害が生じたとしても、一切の損害賠償を負担しないこととします。

(3) 乙が第 1 項により本契約を解除した場合、甲は本契約及びその他乙との間で締結した契約から生じる一切の債務について期限の利益を失い、乙に対して、その時点において甲が負担する一切の債務(第 16 条の違約金を含みますがこれに限りません。)を直ちに一括して弁済しなければなりません。


第 21 条 (契約終了後の処理)

(1) 甲及び乙は、本契約が終了したときは、互いに既に確定した債権債務について、 やかにこれを清算します。

(2) 乙は、本契約が終了した時点で、本サービスにおいて展開している甲アプリを含む一切の甲に関する情報を削除します。なお、乙は、甲に関する情報については、乙の選択により、甲に返還するか、あるいは、乙の責任と負担で回復不能な状態で廃棄します。


第 22 条 (協議解決)

本契約に定めのない事項、又は本契約の解釈について疑義が生じたときは、甲乙誠意をもって協議のうえ解決します。


第 23 条 (合意管轄)

甲及び乙は、本契約に関し裁判上の紛争が生じたときは、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。


制定日 平成30年2月1日